種類によって治療方法や症状は異なることが多い

責任感が強い人は要注意

悩む女性

不安が増す前に受診

物心ついたときから良い子を演じてきた人や、相手の言うことにいつも従順に従うという人もいますが、あまり自分を偽りすぎると対人恐怖症にもなってしまいます。それが進んでくると自虐うつになり、社会性を失ってしまうことによって不登校の原因ともなり、引きこもり傾向も考えられます。これらを回避するためには、人間関係の中で感情が左右されてしまうと周囲の人に助けを求めるサインが出てきますので、周りの家族が気をつけることです。専門のクリニックには心療内科や精神科がありますが、治療を優先することで社会生活ができるまで回復することができます。自虐うつにはあまり目立たないように生活をしようというあまり、失敗をしないように真面目にしている人がなりますので、責任のないポジションに移してもらうことも会社では必要です。また心療内科など選ぶ際には、カウンセリングで自分が助かるための考え方が、わがままや自己中心的ではなく、考えていることを理解させることで精神的な負担をとってくれるところがベストです。自虐うつで焦燥感が強くなっている人は、いきなり薬物療法をするクリニックではなく、カウンセリングや通院を重視してくれるところを選ぶことが大切になります。

自虐うつなどはここからうつ病でここからが考えすぎですというような線引きがないので、数値化ができないことも難しい問題です。そのために心療内科などの専門クリニックを利用することは、素人知識でなんとかなるではなく、プロの治療に任せることで今後のことも含めて防止できます。また実際にカウンセラーと話をする時には、自分の考えていることや感情をはっきりといえるように、前もってメモをして準備をしておくとスムーズに話すことができます。自覚がないまま自虐うつになっているパターンでは、カウンセリングを受けながら何かしらの当てはまる項目がでてくることもあるので、コツコツとやっていくことです。社会性や協調性を取り違えている人も多くいるのも、相手から気に入られようと辛いことを我慢しているため、ストレスのたまり方がかなり急激になることも少なくありません。ストレス解消できる方法をカウンセリングをしながらアドバイスを受けることで、ライフスタイルを新しく確立することができるといえます。また生活で心身のリズムが崩れてしまっている人は、朝起きる時間、仕事する時間、休日の過ごし方などもアドバイスを受けておくと健康的なリズムを取り戻すことも理想です。